コミュニケーションスキルを磨き
"自信の源"を手に入れるける

この授業を受講することで、生徒一人ひとりが他者と交流する際に襲ってくるであろう不安を取り除き、経験に基づいた自信に満ち溢れた状態で他者と接し、自分の未来をよりよく切り開いていくことのできる社会人へと変化することができます。

 学校で学ぶ基礎教科の中には、今後の人生の選択次第では使い道のない要素も多く存在します。しかし、どんな人生を選択しようとも生きていくうえで必ず必要になるスキルがコミュニケーションスキルです。高度な問題を解く公式がわからなくて困ったことがない人でも、見知らぬ相手に話しかけたり、大勢に自分の意見を伝えたり、愛する家族との会話でも失敗は1度や2度ではないはずです。
 平穏な人生を送るのにも、大きな夢のために羽ばたくのにも、このコミュニケーションスキルの質が大いに影響を与えます。
 しかしこれらの教育は行われておらず、学生生活の中で自主的に身に着けるものとされており、通信で学びを得る私達がその機会を得ようとすれば、1歩目から社会という荒波に飛び込まなければならないのです。

特徴

生徒一人ひとりのコミュニケーションスキルは十人十色、みんな違います
ですがこのクラスではその違いを否定しません。
様々な人間とかかわることでコミュニケーションの器を広げることを目的とするからです。
不安な生徒はまず“視聴のみ”で大いなる一歩目を踏み出しましょう

コミュニケーションクラスでは自己紹介や自己表現を個々の課題に合わせて様々なゲーム形式で行うことで、楽しみながら、他では習得することのできない経験値を獲得します。
「緊張して早口になっちゃう」→「誰が一番スローで読めるかコンテスト」遅く読んでみることを経験することで、言葉のスピードコントロール技術を身に着けよう。
「声が小さい」→「皆で変顔大会!」表情筋が鍛えられれば自然と口が大きく開き、声のボリュームが上がっていく。
同じ受講生が抱えるコミュニケーションへの課題解決に全員で取り組むことで、多種多様の実践的なコミュニケーションスキルが身についていきます。

面接にも大活躍

面接で一番の問題になるのは緊張感に支配されながらもしっかりと自己表現ができるかというポイント。
ある程度スキルが上がってきたら、早口言葉や初見の文章朗読等にもチャレンジ。
失敗が予想される課題をみんなで挑戦します。その時に得られる緊張感やミスのリカバリー方法は様々な面接シーンで大活躍すること間違いありません。